巨人は今季3度目の零封負けで、痛恨の6連敗を喫した。四回1死一塁で若林が三ゴロ併殺。五回1死一、三塁からは陽岱鋼が投ゴロ併殺。七回無死一、二塁は代打亀井が投直併殺と、チャンスをことごとくつぶした。七回まで毎回塁上をにぎわせながら、あと1本が遠かった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます