人間の生活に深く関わってきた馬の魅力を伝えようと、武蔵野美術大(小平市)の学生と卒業生による「馬」をテーマにした作品展が東京競馬場内にあるJRA競馬博物館(府中市)で開催中だ。「UMARTs2019 うまからうまれるアート展」と題し、木製の馬の下半身や迫力のある日本画、油絵など力作がそろった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます