37年ぶり3回目の出場の立命館宇治(京都)は7日、投手戦を制し、春夏通じて甲子園初勝利を挙げた。指揮する里井祥吾監督(36)は、グラウンドの外でもう一つの顔がある。それはパン職人だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます