広大な水田地帯の一角で、背丈が2メートル以上ある植物がさわさわと風に揺れる。まっすぐ伸びた茎の先は、開いた打ち上げ花火のような形をしている。カヤツリグサ科の多年草パピルスだ。その茎は古代エジプトで紙の材料に使われた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます