「ようこんなに書いたよね」。鳥取市東町に住む田淵啓一さん(85)の手元には、74年前にビルマ(現ミャンマー)で戦病死した父・克己さんが戦地から送ってきた74枚のはがきがある。文面には子どもたちに寄せる父の思いがあふれている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます