経営再建中の液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)が9日発表した2019年4~6月期決算は、純損益が832億円の赤字(前年同期は17億円の赤字)となり、6月末時点で772億円の債務超過に陥った。中国・香港の企業連合から800億円の金融支援を受け入れる最終契約を7日に結んだが、9日に予定していた企業連合との共同記者会見は当日になって中止された。再建の行方には不透明感が漂う。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます