白石一文の小説を荒井晴彦が脚色し、監督も務めた「火口のふたり」が23日から各地で公開される。登場人物は、過去に恋仲だった賢治と直子の2人だけ。直子の結婚式を前にして、2人は再び激しく肉体を求め合う。直子を演じた瀧内公美と荒井監督が作品の魅力を語った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます