大切な人が「認知症かも」という事態になったときに、介護する家族の心の在り方が重要になります。子どもとして親の受診を考える場合、夫婦としてパートナーのことを考える場合、そしてきょうだいや親戚として…。さまざまな立場があるかと思いますが、介護家族である「自分の内面の気持ちを知ること」が、介護が納得のゆくものになるかどうかのカギを握ることになります。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます