子どもたちにおなかいっぱい食べさせたい――。そんな思いで、無料で食事を提供する「子ども食堂」を東京都国立市の海鮮料理店が始めて2年がたった。当初は夏休みだけの期間限定の予定だったが、それを変えたのは、ある「ノート」の存在だった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます