「逃亡犯条例」改正案の撤回を求めるデモが11日、国際空港など香港各地で行われた。抗議活動が広がった6月以降、週末のデモは10週連続。中国政府はデモに多くの従業員が参加した香港の航空会社に「警告」を出すなど圧力を強めているが、逆に若者らは反発を強め、国際社会に連帯を呼びかけている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます