教職員の多忙化が問題となる中、横浜市教育委員会が「働き方改革」に本腰を入れている。過労死ラインとされる時間外勤務月80時間を超える教職員の割合ゼロを第1の達成目標に掲げるが、学校現場の実情はどうなのだろうか。朝日新聞は、市立小学校の4人の先生による座談会を開き、匿名で語ってもらった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます