520人の犠牲者を出した日航機墜落事故から34年がたった12日、現場となった御巣鷹(おすたか)の尾根(群馬県上野村)で遺族らが慰霊登山した。80歳を超えた高齢の遺族に交じり、事故後に生まれた若い世代や別の事故・災害の遺族らも墓標に手を合わせ、犠牲者を悼んだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます