どの選手に聞いてみても、理想の監督の条件として筆頭に挙がるのが、「自分を使ってくれる監督」。続いて「自分を成長させてくれる監督」、「自分の長所を引き出してくれる監督」などが加わる。浮き沈みの激しい選手キャリアのなかで、いかなる監督と巡り合うかは非常に重要な要素であるし、出番がないまま時間を浪費するわけにもいかない。不動のレギュラーも、たったひとつのミスをきっかけにベンチ外になってしまうこともある。極めてデリケートなのがプロスポーツの世界だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます