第101回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)で、西東京代表・国学院久我山の28年ぶりの「夏」が13日、終わった。この日は大差で敗れたものの、九回裏に代打の二塁打で1点を返すなど最後まで諦めない粘りをみせた。何より、先輩たちの思いも背負い、初戦で夏春6回目の甲子園で初勝利をつかみとり、新たな歴史を刻んだ。グラウンドを去る選手たちには、球場全体から惜しみない拍手が送られた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます