日本航空は13日、10日午後の鹿児島発羽田行きの便に乗務する予定だった男性副操縦士(54)から乗務前の飲酒検査でアルコールが検出されたと発表した。別のパイロットに交代し、遅れは出なかった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます