37年ぶりの立命館宇治の夏の躍進は、2回戦で幕を閉じた。1回戦では夏の初得点をあげ、春夏合わせて6回目の甲子園で初勝利をもぎ取った。2回戦では夏の初適時打がとびだし、プロ注目の好投手の速球にも振り負けなかった。担当記者が熱戦を振り返った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます