74年前の8月14日深夜から15日未明、群馬県の伊勢崎周辺は米軍機による空襲を受けた。埼玉・熊谷や秋田・土崎と並び、最後の本土空襲と呼ばれる戦災。40人が犠牲になった。その夏の日の光景を、少年は日記に残し、記憶に焼き付けた。15日は終戦の日。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます