野生動物の生息状況などを調べるために自動撮影してきた写真から、写っている動物の種や頭数を判別するツールを、岐阜大のチームが開発した。12万枚近くの写真とコンピューターが自ら学ぶディープラーニング(深層学習)の技術を使った成果。99%の精度で動物がいることを見分けたという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます