熊本工の遊撃手、吉山綸太郎君(3年)は幼い頃、不整脈と診断された。3度の手術を受け、3年前には熊本地震を経験した。「野球ができることは当たり前のことじゃない」。そんな思いを胸に、あこがれの甲子園で走り回った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます