習志野は夏の甲子園2回戦で鶴岡東(山形)に5―9で敗れた。選手一人ひとりは、体格に恵まれているわけでも、技術が特段優れているわけでもなかったという。それでも「逆転の習志野」と呼ばれるほどの勝負強さを発揮し、春と夏の甲子園を沸かせた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます