気象庁によると、大型の台風10号は15日午前11時すぎに愛媛県西部の佐田岬半島付近を通過した。同日夕方にも西日本に上陸、縦断して同日夜に日本海へ抜ける見通し。総務省消防庁によると、15日正午時点で、三重、愛媛、大分、宮崎などの8県で計11人が重軽傷を負った。気象庁は暴風や高潮、土砂災害などに注意し、早めの避難を呼びかけている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます