明治から昭和にかけて活躍した京都の日本画家木島櫻谷(このしまおうこく、1877~1938)の大作で、行方がわからなくなっていた屏風(びょうぶ)「駅路之春(うまやじのはる)」がこの秋、京都にオープンする福田美術館で78年ぶりに公開される。櫻谷は横山大観や竹内栖鳳(せいほう)らと肩を並べる画家として知られたが、晩年は画壇から距離を置き、長く忘れられていた。近年、独特の画面構成や色彩感覚で再評価が進んでいる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます