英領ジブラルタル自治政府は15日、欧州連合(EU)の制裁に違反してイランからシリアに原油を運ぼうとした疑いで7月に拿捕(だほ)したタンカーを解放した。自治政府トップのピカード首席閣僚は声明で、解放後にシリアに向かわないとする誓約書をイラン政府から得たとして、「差し押さえを続ける理由がなくなった」と説明した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます