火山の噴火が、マグマが噴出する「マグマ爆発」か、地下水がマグマに熱せられて起きる「水蒸気爆発」か迅速に判断する手法を、名古屋大のチームが開発した。噴煙に含まれる水素と酸素を分析し、10分程度で結果を出すという。チームは、噴火が起きた場合の現状把握や、今後の噴火の推移の判断につながると期待している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます