待ち合わせ場所に友人が来ないので、彼のバイト先の日焼けサロンに行った「僕」(アフリカ系)が扉を開けると、待合室にいたファンキーなおじさんが「お、おにいちゃんはもう焼かんでもええやろ!!」。「ちゃうわ、待ち合わせや!」と返しつつ内心「これ色んなとこで話せるわ」と喜ぶ「僕」。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます