八回、同点に追い付かれた直後の2球目。打球は中堅手の頭を越えた。勝ち越しの嫌な流れを断ち切ったのは宇部鴻城の遊撃手、古川胤志(かずし)君(3年)。中継プレーで、三塁進塁を狙った明石商の河野光輝君(3年)を刺した。「何としても流れを食い止めたいと思っていた」…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます