本との出会いを演出する二つの「新空間」が人気を集めている。一つは、1万2千冊の本を備えた箱根のホテル。もう一つは1500円の入場料をとる東京・六本木の書店だ。ともに出版取次の最大手、日本出版販売(日販)が手がける。出版不況に風穴を開けるか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます