阪神甲子園球場で開かれている第101回全国高校野球選手権大会第11日の17日、第2試合の星稜(石川)―智弁和歌山戦は1―1のまま延長十二回を終了し、今大会初のタイブレークに入った。無死走者一、二塁からイニングを始める。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます