観客が芝生内で観戦できるなど新しい形を採り入れた陸上競技大会「アスリート・ナイト・ゲームズ・イン福井」は17日、福井県営陸上競技場であり、男子走り幅跳びで城山正太郎(ゼンリン)が8メートル40の日本新記録を樹立して優勝した。2位の橋岡優輝(日大)も8メートル32を跳び、1992年に森長正樹(日大)がつくった従来の日本記録8メートル25を更新した。8メートル23で3位の津波響樹(東洋大)までが来年の東京五輪参加標準記録を突破した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます