人間と違い紫外線を見ることができる虫や鳥は世界をどう見ているのか――千葉県我孫子市の元高校教師、浅間茂さん(69)は、自作した紫外線カメラによる写真を使って「虫や鳥が見ている世界」(中公新書)を今春、出版した。モンシロチョウは雌雄で羽の明るさが違い、ハシブトガラスには一羽ごとに違う模様が見えたという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます