初代宮内庁長官の田島道治が昭和天皇とのやりとりを記した「拝謁(はいえつ)記」からは、昭和天皇が戦争への「反省」をたびたび口にしていたことや、改憲による再軍備の主張を繰り返していたことがわかった。戦後間もない時期の率直な発言が記され、研究者は詳細な記録に驚いた。中田絢子、編集委員・北野隆一…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます