国連人権高等弁務官事務所が7月、政情不安が続く南米ベネズエラの人権問題についての報告書を発表した。食料や医薬品などの不足による人道危機とともに指摘されたのが、政権による言論弾圧だ。マドゥロ政権は「うそ偽りに満ちた報告書」と批判する。実際に何が起きているのか。弾圧を受けた人々や、政権派民兵、特殊部隊関係者らに聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます