9月20日に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会を盛り上げようと、参加チームの国・地域にある最高峰をラグビーボールを持って登頂し続ける人がいる。愛知県春日井市の元システムエンジニア、長沢奏喜(そうき)さん(34)。「ラグビー登山家」を名乗り、日本代表のジャージー姿で過去の出場国を含む24の参加チームの山々を登ってきた。8月末に予定する富士山登頂で、2年半に及んだ旅が完結する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます