夏休み明け前後に多くなる傾向にある子供の自殺を防ごうと、秋田県はインターネット検索と連動した広告を使った取り組みを始めた。利用者が自殺を連想させる言葉を検索すると、相談先を紹介する県のサイトを「広告」として、検索結果の冒頭に表示する仕組み。県は今後、対象者を大人にも広げていきたいとしている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます