最高裁判所(東京都千代田区)の大法廷が今年2月から使用中止になっている。昨年10月に法廷内で高い濃度のアスベスト(石綿)が測定され、除去工事などが行われているため。石綿の付着が確認されたのは約10年前で、専門家からは「その時点で飛散防止をするべきだった」との指摘も出ている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます