京友禅の千總(ちそう、京都市中京区)と織物メーカーの龍村(たつむら)美術織物(京都市右京区)。両老舗が、京都創業の京都高島屋(京都市下京区)とブランド力の強化を目指している。コンセプトは「お金には換算できない価値」。業界が低迷するなか、日本の服飾文化を担う歩みを、消費文化をはぐくんできた百貨店の展覧会で紹介する。三者三様の「文化」の力で、目先にとらわれない商いに乗り出した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます