真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市下京区)は21日、大谷暢顕(ちょうけん)門首(89)が退任し、第26代の新門首に大谷暢裕(ちょうゆう)さん(68)が来年7月に就任すると発表した。同派門首は宗祖・親鸞の血を引く大谷家の男子が継いでおり、24年ぶりの交代となる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます