この夏、新設された全国高校野球選手権大会の決勝前日の休養日。履正社(大阪)と星稜(石川)の両校は21日、翌22日の決勝(午後2時試合開始予定)に備えて大阪府豊中市の球場で汗を流すなどして調整した。101回目の夏もあと1試合。大一番を控えた選手や監督たちは、この休養日をどう過ごし、何を考えたのだろうか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます