トルコのエルドアン政権が、少数民族クルド人が多い地域の3市長をテロ組織に関与した疑いで解任した。いずれも3月の統一地方選でクルド系政党から出馬して当選したばかり。クルド人武装組織の勢力拡大への危機感が解任の背景にあるとみられ、市長らの支持者らは「民主主義に反している」と反発している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます