22日の第101回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)決勝では大阪代表の履正社と石川代表の星稜が対戦。大阪勢の決勝進出は今回を除くと過去18回あり、うち13勝で勝率は約7割。優勝回数は全国トップに立つ。特に近年は決勝に出れば7連勝、平成時代は5戦負けなしで駆け抜けた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます