福岡県の化粧品会社が販売した「茶のしずく石鹼(せっけん)」の旧商品で起きた小麦アレルギー問題に関連し、皮膚を通じて作用する小麦アレルギーのなりやすさに関わる遺伝子を見つけたと、藤田医大や筑波大などのチームが発表した。このアレルギーが発症する仕組みの解明や、治療法の開発を進めたいとしている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます