歌舞伎座の「秀山祭九月大歌舞伎」は、明治大正期に活躍した三代目中村歌六の百回忌追善狂言として「伊賀越道中双六」の「沼津」を昼の部に上演する。三代目が曽祖父になる五代目歌六と、養祖父に当たる中村吉右衛門で、生き別れた親子を演じる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます