子どものころから生き物好きだった静岡県富士市の会社員山田幸人さん(41)にとって、今年の夏は最高にラッキーだった。尾っぽが二股に分かれたトカゲ、体長3センチ弱という国内最小クラスの小さなカブトムシを、相次いで発見したからだ。「こんな夏は二度とないかもしれない」…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます