米国の中央銀行、連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が23日朝(日本時間深夜)、米ワイオミング州ジャクソンホールで開かれている経済政策シンポジウムで講演する。米中摩擦の再燃を受け、景気後退懸念が急浮上して初めて公の場で発言する。追加利下げをどこまで示唆するのかに世界の関心が集まる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます