各地の高校生が合宿をしながら、持続可能な開発目標(SDGs)について考える「仏教×(かける)SDGs」が21~23日の3日間、京都市伏見区の龍谷大を主会場に開かれた。浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺)に関連する全国の学園グループ「龍谷総合学園」(理事長・入澤崇(いりさわたかし)龍谷大学長)が主催し、初めて開催した。21校の高校生や教員、指導役の大学生ら約80人が参加した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます