7月下旬から相次いで飛翔(ひしょう)体を発射した北朝鮮。日本政府は「我が国の安全保障に直ちに影響を与える事態は確認されていない」と説明しますが、近い国から頻繁にミサイルが発射されるのは、心地良いものではありません。そもそも、これほど熱心につぎ込まれる軍事費は、肝心の庶民の生活をどれほど圧迫しているのでしょうか。なぞだらけのこの国のオカネ事情について、専門家の方々に聞き、まとめてみました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます