バドミントンの世界選手権は25日、スイスのバーゼルで各種目の決勝があり、男子シングルスは世界ランク1位の桃田賢斗(NTT東日本)が2―0(21―9、21―3)でアンデルス・アントンセン(デンマーク)を下し、2連覇を果たした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます