学生の人生を左右しうる個人情報を扱っているのに、その認識がない――。政府の個人情報保護委員会は、就活生に無断で「内定辞退率」を企業に売っていたリクルートキャリアを厳しく批判した。一方、同社の小林大三社長は26日夜に発覚後初の記者会見に臨み、問題の根本に「学生視点の欠如」があったと認め、謝罪した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます