大阪大などの研究チームが、ゲノム編集技術を使ったマウス実験で、精子の異常による不妊に関わる遺伝子群を明らかにした。男性不妊の原因究明や治療法の開発に役立つ可能性があるという。近く米科学アカデミー紀要に論文を発表する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます