香港で「逃亡犯条例」改正案を機に政府へのデモが続いている問題をめぐり、政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は27日、デモへの参加や開催に制限を加えることにつながる条例の発動を排除しない考えを表明した。過激化するデモを牽制(けんせい)する狙いがあるとみられるが、民主派は「戒厳令と同じだ」と猛反発している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます